部屋

信頼できる業者に依頼

室内

疑問点は必ず聞いておく

リフォーム計画は、自分たちの構想をまとめることから出発しますが、次の段階で問題になるのは、どの業者に設計・施工を依頼するかでしょう。もちろん経験豊富で信頼できる業者を選びたいものですが、近くに適切なところがない場合は困ってしまいます。現在住んでいる家を設計・施工したところに依頼すれば、その家のことをよく知っているので安心して任せられますが、必ずしもそれにこだわる必要はありません。昨今はリフォームを専門に取り扱う業者が増えています。そういった業者は数多くの実績を持っていますから、安心して総合的に頼むことができるでしょう。また、設計事務所や地元の建設業者なども考えられます。しかしリフォームといっても仕事は新築と同じくらい多岐にわたるので、すべての工事をできるところか、下請けを使うなら、よい業者を抱えているかなどが、業者を選ぶ際のチェックポイントです。この他ハウスメーカーや設備メーカーなどがリフォーム部門を持つケースも増えているので、そういうところに相談するのもいいでしょう。設計がある程度まとまったら見積もり書を提出してもらいます。どんな小さなリフォームでも必ず現場を見てもらい、見積もりを提出してもらうことが大切です。数社に見積もりをもらい、その内容が要望を反映しているか、費用に極端な差がないかを比較・検討しましょう。但し、単に安い方を選べばいいというものではありません。安く見積もり過ぎて、後から追加されるケースもあるので、曖昧な箇所や疑問点は必ず聞いておく必要があります。