部屋

基本はリラックス

男の人

スペースを広げるには

バスルームをユニットバスにリフォームする場合、ユニットバスは施工性がいい乾式なのでコストダウンにつながるのがメリットです。最近は川崎でもデザインや使い勝手の良さが工夫された様々な商品が販売されています。ショールームなどで実物を見ることもできるので、広さや機能メーカーによる違いなどをよく確認しましょう。但しバス・トイレ一体型はサイズが大きくなるので搬入のことも考慮する必要があります。バスルームリフォームに何を求めるかによって仕様は違ってきますが、あくまでもリフォームの基本はリラックスできることです。家族構成やライフスタイルから家全体の中でバスルームがどの程度のウエイトを占めているのかを家族でじっくり話し合いましょう。川崎では全面檜づくりのものは特に人気がありますが、カビが発生しやすくメンテナンスが大変です。湿気は下から上へ伝わりますので床、浴槽、腰壁にはタイルを使い、壁だけ檜にするなどの工夫が必要です。お勧めは、浴槽のフタだけを檜にすることです。手軽に檜の良い香りが楽しめて、雰囲気もがらりと変わります。また、天井にトップライトをつければ、川崎の夜空の星を眺めながらのバスタイムが楽しめます。リフォームでスペースを広げるには、内壁を取り壊す工事が必要になるので、自分の川崎の家の構造をよく知っておくことが大切です。構造によっては通し柱、筋違い、耐力壁、梁など建物の強度を保つ上でどうしても取り除けないものがあり、壁が抜けないケースもあります。取り除きが可能な物でも補強が必要になるので工事が大規模になります。